日本酒のおつまみ 鮭の酒びたし(新潟)

日本酒のおつまみ 「鮭の酒びたし」サケづくしです(^^)
写真のように切り身になっていますので、そのまま食べられる
簡単おつまみです。

%e9%85%92%e3%81%b3%e3%81%9f%e3%81%97%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8sakebitasi400

新潟県村上市には鮭がのぼる川、三面川が流れています。
平安時代から朝廷に献上していたといわれる村上の鮭。
江戸時代に世界で初めて、鮭は回帰性があることを発見したのが
村上藩士、青砥武平治でした。

この功績により三面川の鮭の事業が盛んになり、日本海の
寒風にさらした塩引き鮭は新潟村上の産物となっています。

寒風にさらした鮭をじっくり乾燥させて出来上がるのが1~2年後
になるそうです。手間暇かかった乾燥鮭になります。

乾燥した鮭の切り身に酒をかけても、酒の中に浸しても一味
違ったおつまみができます。

蛋白質も摂取できて体にはうれしいおつまみです。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ