「食品」の記事一覧

越後新潟の鮭と酒、そして石油は古代からの産物です

越後はどこの県?と思われている方も多いのではないでしょうか。 越後は現在の新潟県のことを指します。 その昔、越(こし)の国と呼ばれ大和朝廷の管轄下でした。 そんな越後新潟には食にまつわる話がたくさんあります。 そのひとつ・・・

日本酒のおつまみ 鮭の酒びたし(新潟)

日本酒のおつまみ 「鮭の酒びたし」サケづくしです(^^) 写真のように切り身になっていますので、そのまま食べられる 簡単おつまみです。 新潟県村上市には鮭がのぼる川、三面川が流れています。 平安時代から朝廷に献上していた・・・

日本酒の飲み方や、お燗の温度

お酒の飲み方でよく聞かれるのは、冷やして飲むお酒?お燗して飲むお酒? という質問です。 日本酒は飲んで美味しければそれでいい、と思います。 しかし、特定名称酒(吟醸とか純米酒など)が増えてきて、冷やして飲んだ ほうが美味・・・

酒粕は甘酒、粕汁、酒粕風呂、美肌にも

酒粕は美肌効果も期待できます 酒粕は酒を造る際に出るもろみのことです。 このもろみには多くの栄養素を含んでいます。 ビタミンB、食物繊維、亜鉛、ペプチド、アミノ酸など美肌や健康に 役立つ成分が確認されています。 あま酒の・・・

「へぎそば」は新潟の味

今年の夏、京都を訪ねた時に清水寺の近くの蕎麦屋でお昼を取りました。 コシがあり美味しいざる蕎麦でした。 どこに行っても美味しい食べ物があるのは幸せなことですね。(^^) 新潟では、そばをへぎ(折ぎ、片木、剥ぎ)に入れて出・・・

発酵食品・かんずりを使った超簡単パスタレシピ

スタッフが作ったパスタの簡単レシピです。 味の素のスープの素、桃屋のにんにく、雷と言う名のかんずり、そしてヴァージンオリーブオイル キャベツ、パスタが材料です。 ポイント1、かんずりと万能調味料を使います。 ポイント2、・・・

酒粕で酒のつまみも簡単に美味しく出来る(酒かすパワー) 

NHKのためしてガッテン(H27.11.25)で酒粕の話がありました。 連綿と作られてきた酒粕漬けは奈良時代には始まっていたそうです。 だから:::奈良漬(^^) 奈良漬には6年10年13年16年ものなど、味の芸術品と ・・・

発酵食品 上杉謙信も食べた?? かんずり

大寒の日の「かんずり」雪さらしの様子です。 雪の上に真っ赤な唐辛子がさらされます。   国内産100%の唐辛子を使用、国産の米糀、柚子、塩を加えて3年間熟成 発酵を繰り返し作られます。 手間隙かかった発酵食品で・・・

ひねりもち

酒造りの中で重要で難しい仕事として麹造りがあります。 「こしき」と呼ばれる大型セイロで酒米を蒸した後、麹カビを振り掛ける作業から始まります。 蒸米の中には重要な成分が含まれています。 カリウム、リンなどの成分が不足したり・・・

明治10年頃のお酒の代金っていくら?

明治10年頃のお酒の代金っていくらだったでしょうか? 当時の日記(村上忠順集 紀行編より)に次のように書かれています。 ●東京発車雑費(多分2人分)明治10年8月31日 箱根酒 八銭五リ (マス酒?だと思います) 掛川車・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ