「飲み方」の記事一覧

バーボン樽と日本酒の融合、燻したオーク香りが日本酒に溶け込む

あなたは日本酒派、それともウイスキー派ですか。 このたび新潟の日本酒とバーボン樽を融合させたお酒が誕生しました。 ”それってどんな味?”なんでしょうか。 ウイスキー樽のオーク香が日本酒にほんのりと移っていて口に含むとバー・・・

お歳暮に日本酒が喜ばれます

お歳暮は読んで字のごとく、歳の暮れ(年末)にお世話になった方へ 贈り物をする習慣です。 お歳暮、昔はご先祖の霊を祀る為のお供え物を持ち寄ったことから。 それがいつしか正月を祝う準備を始める12月13日の「事始め」の日 か・・・

お酒を劣化させる光、熱、酸素

最近の酒瓶はカラフルな色が増えています。 見た目には綺麗で申し分ないのです。   飲みたい気分、プレゼントしたい気分にもなるのは当然なことでしょう。 しかし、 お酒にとっては好ましくないのです。 なぜか?って。・・・

電車の中で酒瓶を大切に、そして楽しそうに抱えている人たち

今日はある蔵元の会合に出席してきました。 全国の日本酒、アルコール業界の現状は厳しいものがあります。 飲酒人口が減っている事、不況の影響下にあること、 そして若い人の日本酒離れの傾向が強いことなどなど。 そういう状況の中・・・

絞りたての生原酒を商品化「ふなぐち一番しぼり」

菊水酒造さんからのご案内です。 10月は酒造りが始まる月。 それにあわせて、できたてのふなぐちを真っ先に詰めました。 その年に収穫したての新米だけを使い、しかも1番搾りだけを詰め合わせたお酒は贅沢の一言に尽きます。 また・・・

酒室

「茶人には茶室がある、酒徒も酒室をもつべし」と、酒博士、坂口謹一郎氏は「古酒新酒」の中で述べていました。もう40年前のことです。「戸棚がひとつ、瓶懸け一つ酒具食器の類を備えておいて、主人自ら燗をしながら客にすすめ得れば足・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ