新潟の越の誉VS山口の獺祭

新潟の「越の誉」VS 山口の「獺祭」がテーブルに並びました。

2016/ 2/19 18:25

2016/ 2/19 18:25


2016/ 2/19 14:50

2016/ 2/19 14:50

杜氏さんをお招きして勉強会と飲み会を兼ねた食事会です。

酔う前に簡単なお勉強です(汗)
勉強の一つをご紹介。↓↓
———————————————–
1、1673年 江戸幕府は寒造り以外の醸造を禁じた。

1、新潟県出身の酒男が醸した酒造り量は
  全国で生産された清酒の25%を占めた。
———————————————–

知識を詰めたところで今度はお肉を胃袋に詰めます(笑)

2016/ 2/19 19:30

2016/ 2/19 19:30


2016/ 2/19 18:25

2016/ 2/19 18:25

食事はステーキ料理の洋食。日本酒とステーキは結構合います。
普段、ステーキ屋さんで食事をするとワインやビールが出ますが
今回は日本酒のみ。

越の誉さんの「純米大吟醸 和醸蔵 寒仕込み搾り」の美味なこと!
新潟のお酒は料理を邪魔しない、ということでは定評があります。
洋食の旨さを邪魔しないどころかお酒の旨みを感じさせてくれました。

今回、また特別なお酒を頂いたので感激!
山口の獺祭」を口に。
美味しい! 吉田松陰の地元のお酒は越後とは違う旨みがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ