日本酒もろはく(諸白)は日中国交正常化の乾杯酒として使用されました

日中国交化の乾杯酒
1972年日本が高度経済成長期の時代、
時の田中角栄首相と中国の周恩来首相が国交正常化に調印しました。
100年は国交が正常化しないだろうと言われていた時代でした。

いろいろな思いや考えは同じにはなりませんが
当時の努力があって今の時代を迎えたと思います。

故田中角栄首相(新潟県出身)がふるさとのお酒を乾杯酒として
選んだのがこの「もろはく」です。
大変意味のあるお酒でした。

長い年月の間に熟成したお酒です。
一夕一朝ではいかないのはお酒の熟成でも同じです。
8年の間じっくりとあせらず醸したお酒です。

時が解決してくれたり、時が熟すとうまくいく、そんな意味にもとれます。

蔵人の粋を集めたお酒は、まろやかで黄金がかっています。

親日家の中国の方に是非お勧めください。

img57213042

2016/ 3/18 16:36

2016/ 3/18 16:36

記念酒200mlです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ