サミット つんぶり(佐渡の言葉)どちらも山の頂上を意味します 

5月に伊勢志摩でサミットが開催されます。
サミットは日本語で山の頂上という意味です。

日本の佐渡では山の頂上のことを「つんぶり」と言います。
百人一首の最後百番目に詠われている
「ももしきや ふるきのきはの しのぶにも なほあまりある むかしなりけり」
順徳天皇の御製、その天皇が流された佐渡、
(承久の乱の前にこの歌は作られています。鎌倉幕府が勢力を増していた時代です。
京の都の状況も推しはかれます)

hyakuninjuntoku

松尾芭蕉が越後で詠んだ句「荒海や 佐渡によこたふ 天の川」

2016/ 2/27 14:10

2016/ 2/27 14:10

越後の国は貴族から日蓮、親鸞などの宗教家までもが関連する地でした。
日本の能の文化は佐渡が発祥の地です。
文化程度が高い佐渡、今でも京の都の匂いを感じます。

話を戻して、佐渡の「つんぶり」です。

「つんぶり」は北雪酒造の本格焼酎です。アルコール度数25度。
大吟醸の酒粕を蒸留したものです。コメ焼酎も美味しくファンが沢山います。

神社も全国各地から佐渡を守るように作られました。

海沿いに面した酒蔵で海岸から5メートルのところに蔵があります。
前は日本海で後ろは山という立地条件のもとで酒造りに励んでいます。
酒蔵の中も傾斜になっています。裏手の小高い傾斜地を利用して酒ダルを
貯蔵しているのも他の蔵では見られない光景です。

俳優のロバート・デニーロさんはレストランNOBUのNOBUさんと
共同経営者ですが、ここでは佐渡の北雪さんのお酒しか扱っていません。

NOBU東京は日本料理のレストランではありますが非常におしゃれで
楽しい和洋折衷レストランです。
ホテルオークラと目と鼻の先にあります。
インターナショナルなレストランです。
そういえばこの辺りも坂を上り詰めたところにありますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ