日本酒蔵が並ぶえちご一宮弥彦街道ものがたり

新潟平野が一面に広がる風光明媚な地、弥彦街道沿いに酒蔵が並んでいます。

江戸時代越後の地を踏んだ多くの貴族、武士、文人の足跡を辿ってみながら
お酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    荒波や 佐渡によこたふ 天の川 (松尾芭蕉)

こちらからどうぞ

●ラムサール条約登録の佐潟あたりは電線もなく
時代劇に使えそうな場所です(笑)
そんな佐潟を水源とする周辺の水は昔からきれいな水で知られています。
日本海にも近く佐潟周辺は砂地になっています。
砂地でも育つのがスイカです。この辺りはスイカの産地で知られています。

水分がほとんどのスイカが美味しいのも納得できます。

●峰の白梅酒造の前を通る道は北国街道です。

この辺りは江戸時代、三根山藩という小さな藩でしたが
戊辰戦争で負けた長岡藩に米百俵を分け与え長岡藩を救いました。
長岡藩はその米を糧に教育に力を注ぎ長岡を復興させたと
いう実話があります。

山本有三の戯曲「米百表」でその背景が分かります。

●弥彦の山の高さは634m(むさし)でスカイツリーと
同じ高さです。

天気の良い日には佐渡がくっきりと非常に近く見えます。

 

yahikokaidou-map

サブコンテンツ

このページの先頭へ