父の日贈り物の日本酒はスタッフの気持ちが込められています

6月19日は父の日です。
父の日といえばお酒をイメージします。

仕事の接待などで欠かせないお酒、部下とのお酒などを経験されている(いた)
方にとって一番美味しく落ち着いて飲めるのが家庭ではないでしょうか。

「父の日」くらいは自分の思うままのお酒で疲れを取っていただきたいものです。

そんな父の日を前に、世のお父様方に喜ばれる日本酒セットの提案を日々
考えています。

当店のお客様には、社会で活躍した退職後の方が多くおられます。

人生の先輩たちです。

パソコンを仕事で使っておられた方が定年後もネットを通してご注文くださる
のは大変うれしい限りです。

人生の先輩に「父の日」をご案内するのはちょっと気が引けますが・・・。
ご本人が家族の方に「これがいいなぁ~」なんて希望を出されるといいと思います。

手頃なサンキュートーサン(3913円)価格や自分にゴクローサン(5963円)
価格のお酒をご案内しております。

名入れも、似顔絵も当店スタッフの手作りです。
「贈り物に物語がある」と題したのは、お客様とのやり取りの中でほのぼのとした
物語が見えてくることがあります。

メッセージカードに込められた短い言葉から家族の絆が垣間見られた時は
販売を通して皆様の幸せを頂いている気がしてなりません。

3913naire-mainr52

サブコンテンツ

このページの先頭へ