日本酒を評価する機関のひとつに酒類鑑評会

第87回関東信越国税局 酒類鑑評会は51回目を迎えたということです。
(平成28年11月1日広報)
平成27年酒造年度は気候の変化を受け酒造りには厳しい年となったようです。

米の出来不出来はお酒の造りにも大きな影響を与えます。

natsutokkuri

——————————————————-
出品状況は205の製造場から、吟醸酒の部に197点、純米酒の
部に182点の出品があった。

吟醸酒の評価では華やかで質の良い吟醸香が上品な
甘味と調和し、なめらかさ、ふくらみといった吟醸酒
特有の優れた風味に発展しているものが多く見られました。

(—で囲った部分は国税局 審査概況から抜粋)
参考URL http://www.nta.go.jp
——————————————————-

新潟県は税務署管内でいう
関信越(茨城、栃木、群馬、埼玉、新潟、長野)に属しています。
出品数、受賞数はトップを保っています。

【吟醸酒優秀賞】20蔵

石本酒造(越乃寒梅)
高野酒造(越路吹雪)
朝日酒造(朝日山)
河忠酒造(想天坊)
諸橋酒造(越乃景虎)
福顔酒造(越後 五十嵐川)
原酒造(越の誉)
市島酒造(王紋)
菊水酒造(菊水)
ふじの井酒造(ふじの井)
青木酒造(鶴齢)
新潟銘醸(長者盛)
八海醸造(八海山)
津南醸造(霧の塔)
他6蔵
【純米酒優秀賞】18蔵

笹祝酒造(笹祝)
朝日酒造(朝日山)
越銘醸(越の鶴)
諸橋酒造(越乃景虎)
雪椿酒造(越乃雪椿)
原酒造(越の誉)
越後桜酒造(越乃日本桜)
菊水酒造(菊水)
ふじの井酒造(ふじの井)
白瀧酒造(上善如水)
高の井酒造(越の初梅)
津南醸造(霧の塔)
松乃井酒造場(松乃井)
竹田酒造店(かたふね)
他4蔵

越後銘門酒会では上記のメーカーのお酒(一部取り扱い不可能な銘柄が
ございます)を扱っておりますのでご用命ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ