日本酒の特定名称酒とは 吟醸酒、純米酒、本醸造酒を言います

お酒は美味しければ良いのですが、さまざまなタイプの日本酒が店頭に並んでいて、
どれを選んでよいのか、どんな味や品質なのかが分かりにくいところがあります。

まず「特定名称酒」といわれても酒類業以外の方は分かりません。
「特定名称酒」とは吟醸酒、純米酒、本醸酒をいい、それぞれ所定の要件に該当する
ものにその名称を表示することができます。

表示の概要(国税庁酒税課より抜粋)

特定名称 使用原料 精米歩合 麹米使用割合 香味等の要件
吟醸酒 米・米麹 60%以下 15%以上  吟醸造り、
醸造アルコール 固有の香味
色沢が良好
大吟醸酒 米・米麹  50%以下 15%以上  吟醸造り、
醸造アルコール 固有の香味
色沢が特に良好
純米酒 米・米麹        — 15%以上 香味、色沢良好
純米吟醸酒 米・米麹 60%以下 15%以上  吟醸造り、
固有の香味
色沢が良好
純米大吟醸 米・米麹 50%以下 15%以上  吟醸造り、
固有の香味
色沢が特に良好
特別純米酒 米・米麹 60%以下 15%以上 香味、色沢が特に良好
又は特別な製法
本醸造酒 米・米麹 70%以下 15%以上 香味、色沢が良好
醸造アルコール
特別本醸造酒 米・米麹 60%以下 15%以上 香味、色沢が特に良好
醸造アルコール 又は特別な製法

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ