日本酒 角樽はお祝い事に使われます

角樽は日本の伝統的な祝儀用の樽酒です。

柄が角のようになっていて手に提げられるようにもなっているので柄樽、
柳樽とも呼ばれます。

朱色の樽と鶴の絵柄の化粧箱が目出度さを表しています。

昔の人はこの角樽を持って祝儀に出かけたそうです。
角樽は上棟祝い、婚礼、祭礼などに使われていました。
古くて新しい祝い酒で正月を祝ってみてはいかがでしょうか。

角樽は角のような一対の大きく高い柄をつけた、黒または朱塗りの
祝儀用の樽。古くは長方形で上の四隅に把手があった。(広辞苑)

ということで見るほうが早いので画像をご覧ください。

大きく見えますが1.8L入れです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ