日本酒の飲み方や、お燗の温度

お酒の飲み方でよく聞かれるのは、冷やして飲むお酒?お燗して飲むお酒?
という質問です。

日本酒は飲んで美味しければそれでいい、と思います。

しかし、特定名称酒(吟醸とか純米酒など)が増えてきて、冷やして飲んだ
ほうが美味しいのか、お燗したほうが旨みを感じるのかが、初めて飲む人に
とっては分かりづらいかもしれません。
myokodai-newbana

一般的に言えるのは吟醸酒は冷やして飲むとその香りとフルーティな
味が
口の中で広がります。冷やして飲むほうをお勧めします。
冬のお酒「しぼりたて」もその若々しさと荒々しさを楽しむには
冷やしたほうが美味しく感じます。

喉元でアルコール感のある本醸造酒を好む方は冷でも、お燗でも
どちらでもお楽しみいただけます。

純米酒、特別純米酒冷でも、お燗でもお楽しみいただけます。

お燗の参考温度を示しました。

  •              温度       特徴

  • 日向燗(ひなたかん)  30~35℃  香りがたつ、なめらかな味わい

  • 人肌燗(ひとはだかん) 35~40℃  米や麹香りが広がる

  • ぬる燗(ぬるかん)   40~45℃  ふくらみがある味と香りが引き立つ

  • 上燗(じょうかん)    45~50℃  香りも味も締まる

  • 熱燗(あつかん)       50~55℃  キレが良くなる、香りがsharpになる

日本酒を飲む時は「やわらぎ水」を横に置いてください。それが蔵の仕込み水で
あれば尚よいのですが。
胃袋をいたわりながら飲むお酒が一番美味しいお酒です(^^)

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ