伝説の杜氏が最後に仕込んだ入魂の酒

新潟には多くの銘酒がひっそりと出番を待っています。
今回はそのひとつをご紹介します。「潟」です。新潟の「潟」です。

越後流旨口の名の通り、すっきりして飲みやすく、程よい旨みが口の中で広がります。新潟県歴代NO.1の受賞暦をもつ郷杜氏が最後に仕込んだお酒です。
河忠酒造さんが当店限定で醸してくれました。

日本酒度+2ということは辛口を意味します。
+が多いほど辛口になります。辛いだけでは単純な味になってしまいますが、そこに酸度、精米度などが加わって旨みがでてくるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ