明治10年頃のお酒の代金っていくら?

明治10年頃のお酒の代金っていくらだったでしょうか?
当時の日記(村上忠順集 紀行編より)に次のように書かれています。

●東京発車雑費(多分2人分)明治10年8月31日

箱根酒 八銭五リ (マス酒?だと思います)
掛川車夫 油代 八銭四リ
小田原人力   十銭
茶代      八リ
すし      五銭  等々

旅のお酒は格別だったでしょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ