酒室

「茶人には茶室がある、酒徒も酒室をもつべし」と、酒博士、坂口謹一郎氏は「古酒新酒」の中で述べていました。もう40年前のことです。「戸棚がひとつ、瓶懸け一つ酒具食器の類を備えておいて、主人自ら燗をしながら客にすすめ得れば足るので、酒の燗を台所にまかせてはうまい酒は飲めません」ということです。

時間がゆっくりと流れる中で飲むお酒、想像するだけで美味しくなります。

さしつさされつ飲む酒の良さを伝えていくことが、きき酒師の役目かもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ