絞りたての生原酒を商品化「ふなぐち一番しぼり」

菊水酒造さんからのご案内です。

10月は酒造りが始まる月。

それにあわせて、できたてのふなぐちを真っ先に詰めました。
その年に収穫したての新米だけを使い、しかも1番搾りだけを詰め合わせたお酒は贅沢の一言に尽きます。


また、このお酒の魅力が発揮できる製法「生原酒」にて製造しております。
「生酒」とは加熱殺菌を一切行わない状態。
「原酒」とは醸造後のお酒に加水調整をしないお酒です。
ですから酒本来のできたてのおいしさがすべてつめこんでおります。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ