新潟のお酒がおいしい理由

1984年に日本で唯一の酒造り技術者を養成する学校が開校されました。
新潟が酒造りに力を入れているのが頷けます。そして今、卒業生が蔵で陣頭指揮をとっているのです。

水に関して言えば越後山脈の伏流水のほとんどが軟水で、この水がお酒をまろやかにしているのです。
冬の厳寒時に雑菌が繁殖しにくいことも酒造りにおおいに役立っています。

自然の恵みと手間を惜しまない造りが相まって美味しい新潟ブランドが誕生しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ