酒屋大賞

 

 

 

 

 

 

 

酒屋が選ぶ売りたい酒の審査会が10月1日2日に
日本橋、ブリッジ新潟で開催されました。

予選会は8月30日に東日本地区の酒蔵より196銘柄が
揃い新潟県内で実施されました。
その予選会において審査員より順位づけられた上位
50品が選出され、今回の本戦となりました。

一般のお客様も審査員になっていただき
酒類業界と一般消費者の区別はシールで色分けを
しました。

当審査会ではラベルや企画力、価格も製品の一部で
あると考え「味わい・香り」「デザイン・ネーミング」
「価格」など3項目にて」加点方式を行い、選考しました。

来場者は1日目 935名 2日目 771名 計1706名

[結果]

●総合部門
第一位 新潟県 中川酒造 「越の中川」

●味わい・香り部門
第一位 新潟県 中川酒造 「越の中川」

●デザイン・ネーミング部門
第一位 新潟県 妙高酒造 「シャトー妙高 特別純米」

●コスト・パフォーマンス部門
第一位 秋田県 秋田酒類販売 「高清水 純米大吟醸」

●女性が選ぶ日本酒部門
第一位 新潟県 高の井酒造 「越の初梅 雪中貯蔵酒」

●リキュール部門
最優秀賞 新潟県 お福酒造 「越後の雪どけ」ヨーグルトリキュール

●審査員特別賞
新潟県 原酒造 「新潟の名工 本醸造」

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ