純米大吟醸「天上大風」720ML【池浦酒造】

良寛の生地、出雲崎にほど近いところに、銘柄「天上大風」の酒蔵、池浦酒造があります。「天上大風」は
良寛和尚が凧揚げをしている子供たちのために書いたとされる書です。

良寛はここ出雲崎の名主の息子として生まれ若い頃は人を裁く役目も手伝わされたと
言います。その後、良寛は出家します。

当時の出雲崎は主要な港町で、栄えていました。
天気のいい日には、順徳天皇が流された佐渡がはっきりと見えます。
夏の日本海は冬の荒波を想像できないほど穏やかな海です。

俳句を多く残し、子供と戯れていた良寛和尚を思いながら「天上大風」を
お飲みになると美味しくなります。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ