良寛和尚自筆書をそのまま酒名にした純米大吟醸「天上大風」

「天上大風」

“下は風がないが天上は大風だから注意が肝心だ”の意です。

昔、良寛様の住む村の子供たちが凧揚げをしていた時、
風が弱いせいか、なかなか上がらない。

そこに托鉢中の良寛さまが通りかかったので、子どもたちが
お願いしました。
「良寛様、何か書いてください」と。

そして書いたのが「天上大風」です。

純米吟醸「天上大風」を造るのは池浦酒造さんです

良寛ゆかりの地として良寛和尚自筆書をそのまま、
酒名としたものです。
酒造好適米山田錦を40%まで精白し、低温長期でじっくりと仕上げた
最高級酒です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ