いよいよ酒造りが終盤に⇒こしき倒し(桶を横に置く)を迎える

「4月26日にこしき倒しを迎えました」
(お米を蒸すこしき=桶が不要となりそれを横に倒すこと) というお知らせが
asahimanju朝日酒造から届きました。
「蒸米」の仕事が無事終了したという意味です。

冬から春にかけての仕込みが終わりに近づいて
いるという ことになります。

朝日山さんは日本有数の酒造りのシステム化を
行っている 蔵です。

そしてこれもまた全国の蔵の中でトップと言える
ほど 清潔な蔵です。 余分な人が見当たらない(笑)

昔は灘、伏見のお酒しか知られていなかったものです。
この40年の間の発展は目を見張るものがありました。
おっととと、歳がわかりますねぇ。

社員教育から始まり将来を見越した酒蔵としてのビジョンを 持っている
蔵なのです。

「久保田」同様「朝日山」銘柄をよろしく。

 

Sake Production At A Final Stage=>Preparing for “Koshiki Daoshi” (Lying down a sake tub)

“We had done “Koshiki Daoshi” on 26th of April.” (Lying down a tub for steaming rice after entering a period when a tub is no longer necessary for sake production).  This is a message from Asahi-Shuzo Sake Brewing, which means they had done a job of “steaming rice” with no accident.  In other words, sake production during winter comes close to an end.

Asahi-Shuzo is one of manufactures who has systemized the way to produce leading sakes in Japan.  And their brewery is one of the cleanest breweries in this country, where you would not see extra staffs either.

It used to be that only sake produced in Nada or Fushimi were well-known.  Progress of sake production in the last forty years is therefore phenomenal, with which you could guess how old I am (oops).

This is a producer who has a long term vision as a sake brewery such as staff training.

Thank for your interest in “Asahiyama” brand, as well as “Kubota” brand.

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ