天領と言う名の純米酒 「佐渡の天領盃と飛騨の天領」

天領とは江戸時代における江戸幕府の直轄領のことです。(ウィキペディア)

佐渡の金山や飛騨は幕府にとって重要な土地でした。
佐渡金山は佐渡奉行所が支配していたという。

新潟県出雲崎から佐渡が見えます。
出雲崎もまた、佐渡から着く港として重要な領地でした。
ryoukannsamatoumi500

飛騨は美濃の養蚕、森林、長良川での輸送など重要な領地であったという。
江戸幕府の力は強かったことが良く分かります。

飛騨の白川郷は1995年に世界遺産に登録されています。
佐渡の金山、飛騨の白川郷では人々が連綿と培ってきた
文化が今もなお残され続けています。
そしてそこで醸されたお酒も昔から飲まれてきたものです。
その二本をセットにしました。
tenryohai-jsetsumeitenryo-jsetsumei

サブコンテンツ

このページの先頭へ