日本酒原料米、五百万石、越端麗、亀の尾、高値錦の違いを楽しみながら飲む日本酒セット

genryoumai-settop

新潟県は全国で一番神社が多い県です。人々が豊作を祈りながら米作りに励んできたことが窺えます。

米の御蔭で美味しいお酒ができます。お酒造りに大切なものの一つが「酒米」です。

越後銘門酒会では酒米の違いから日本酒を楽しんでいただこうとセットを企画いたしました。

第一弾は五百万石、越淡麗、亀の尾、高嶺錦、こしひかりの5種類です。
以下一部原酒造さんのページ参照させていただいております。

1、五百万石は新潟県の代表的な酒米です。生産量が5百万石に達したことから名づけられました。
2、越淡麗は新潟県が開発しその旨さを広めている酒米です。開発に15年もかかったそうです。
3、亀の尾は一時衰退の危機にあったのが復活され今では全国で造られています。
4、高嶺錦は酒造好適米で高精白の大吟醸などに向きます。
越の誉さんのページです。
5、あの、こしひかりです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ