「越後銘門酒会」の記事一覧

日本酒を評価する機関のひとつに酒類鑑評会

第87回関東信越国税局 酒類鑑評会は51回目を迎えたということです。 (平成28年11月1日広報) 平成27年酒造年度は気候の変化を受け酒造りには厳しい年となったようです。 米の出来不出来はお酒の造りにも大きな影響を与え・・・

日本酒にごり酒(季節限定)は越後の雪のように真っ白です

11月に入り冷たい雨が降っています。越後の冬は駆け足でやってきます。 一足先に「越後の雪」の色にふさわしいにごり酒「どぶ」の発売をいたしました。 1、新潟のどぶ にごり酒 ◎日本酒度:-3(やや辛口) ◎精米歩合:55%・・・

「へぎそば」は新潟の味

今年の夏、京都を訪ねた時に清水寺の近くの蕎麦屋でお昼を取りました。 コシがあり美味しいざる蕎麦でした。 どこに行っても美味しい食べ物があるのは幸せなことですね。(^^) 新潟では、そばをへぎ(折ぎ、片木、剥ぎ)に入れて出・・・

新潟の越の誉VS山口の獺祭

新潟の「越の誉」VS 山口の「獺祭」がテーブルに並びました。 杜氏さんをお招きして勉強会と飲み会を兼ねた食事会です。 酔う前に簡単なお勉強です(汗) 勉強の一つをご紹介。↓↓ ———&・・・

新潟の純米酒は米の良さが味わえます

純米酒は米、麹米(15%以上)水で出来たお酒のことを言います。 麹米を作るには麹菌を使います。麹菌は国菌と呼ばれ日本元来の 菌です。以下の画像のような形をしていますが5ミクロン(1000分の5ミリ)という極小なものです。・・・

信濃川に棲む野鳥「カワセミ」と甘口の日本酒「カワセミ」

12月28日の雪で信濃川河川敷が白一色になりました。 春になると草むらからひばりがさえずったりします。 野鳥がたくさんいることで知られている信濃川中流域です。 堤防に巣穴を作って繁殖する鳥「カワセミ」。 水上に張り出した・・・

日本一の信濃川 土手散歩

作家の海音寺潮五郎の石碑が信濃川の土手にあります。 何千年も前から氾濫を繰り返してきた信濃川の名残が町名などで分かります。 ○○島とつく町は周囲が川であったらしい。鮭も遡上してきたという。 河川敷であった長岡の町一帯に何・・・

【純米酒】新潟地酒20本の中から6本選べる!1.8L×6本【全部純米酒版】[送料無料]日本酒 純米酒

[期待通り]や[期待はずれ]などさまざまな感想をいただきますが2015年11月28日現在 5点中の4.75と高い評価を頂いております。 朝日山、北雪、菊水など美味しいお酒が自分で選べます。 楽天でご購入可能です

発酵食品・かんずりを使った超簡単パスタレシピ

スタッフが作ったパスタの簡単レシピです。 味の素のスープの素、桃屋のにんにく、雷と言う名のかんずり、そしてヴァージンオリーブオイル キャベツ、パスタが材料です。 ポイント1、かんずりと万能調味料を使います。 ポイント2、・・・

酒粕で酒のつまみも簡単に美味しく出来る(酒かすパワー) 

NHKのためしてガッテン(H27.11.25)で酒粕の話がありました。 連綿と作られてきた酒粕漬けは奈良時代には始まっていたそうです。 だから:::奈良漬(^^) 奈良漬には6年10年13年16年ものなど、味の芸術品と ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ